数学セミナー2019年7月号

数学セミナー 2019年 07 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2019/06/12 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る グラハム数に関して記事を書きましたが,焦点はラムゼー理論にあります.他の記事もとても面白いです.ぜひご覧ください.

数学セミナー2018年4月号

数学セミナー2018年4月号 通巻 678号 なぜ数学を学ぶのか出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/03/12メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る「エレガントな解答を求む」にて,約1年ぶりの出題をしました.よろしくお願いします.また,特集記…

数学ガイダンス2018

数学ガイダンス2018 数学セミナー増刊 ( )作者: 数学セミナー編集部出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/03/06メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る「情報系の数学」という記事を書きました.大したものではありませんが,ご笑覧下さい.

10/7-8 @ 地元

40歳を過ぎても通過儀礼があるというのはなんか変な気がするけれども,自分にとってはそんな気持ちで地元に帰った.地元の祭りの主役は厄年の者たち.お世話になった皆さんにお礼を言ったり,ふるまいをするという機会.ちょうど今年それにあたる.いわゆる4…

数学セミナー2017年5月号

数学セミナー2018年5月号 教科書だけじゃない! 数学の本出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2017/04/12メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る久々に「エレガントな解答を求む」に出題しました.ぜひ挑戦して下さい!

電気通信大学 情報理工学域 I類 (情報系) の紹介

http://www.im.uec.ac.jp/intro-1rui/電通大 情報理工学域 I類 (情報系) の紹介ページを作っています.受験生の皆さんはぜひ参考にして下さい.

ナッシュ

http:/www.asahi.com/articles/ASH5S7V3HH5SUHBI038.htmlこのような不慮の事故で亡くなるということは突然で悲しい.ご冥福をお祈りいたします.

春の情報処理祭 書き起こし

http://logmi.jp/45330 私が話した内容の書き起こしが掲載されました.

電通大の改組

情報が公になった. http://www.uec.ac.jp/department/kaiso2016/いろいろと知りたい方は私へ個人的に直接お聞きください.

Jirka went on a hike...

Jiri Matousekが亡くなった,というニュースがきた.あまりにも衝撃的で,数分言葉がでなかった.Jirkaとの出会いなどについては『離散幾何学講義』の訳者あとがきに書いたと思うので,ここでは省略.その後,2010年ごろに彼と論文を書くという機会もあり,…

πの日を祝おう?

Springerからπの日を祝おう,というメールが来た.3月14日がπの日なんだそうで. 詳しくはこちら → http://news.springer.com/re?l=D0In5v544I6h8on1aI2

春の情報処理祭 in 京都

http://recruit-jinji.jp/haruno-infoprocessing-matsuri/登壇します.ぜひご参加ください.楽しみにしてます.

Pythonによるデータ分析入門――NumPy、pandasを使ったデータ処理

Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理作者: Wes McKinney,小林儀匡,鈴木宏尚,瀬戸山雅人,滝口開資,野上大介出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2013/12/26メディア: 大型本この商品を含むブログ (19件) を見る生協にいった…

学科懇親会

こんなことで沸いてしまうぐらい自分の沸点が下がってるようで,寛容さの後退にさみしくなる.自分に余裕がなくなってきてる証拠かもしれないし,こういう大きな会は自分に合わないのかもしれない.なお,特定の個人を指しているわけではありません.とにか…

Ferran Hurtado

更新がいつもお悔やみばかりですが,Ferran Hurtadoが亡くなった,というニュースが来た.離散幾何・計算幾何の先駆者のひとりで,スペインのコミュニティーの生みの親といってよい.おそらく最後に会ったのは,今年の冬のベルリン.もちろん,こんなことに…

Georgy Maximovich Adelson-Velsky

TheoryNetより.G. M. Adelson-Velskyが4月26日に亡くなったとのニュース.92歳.「AVL-tree」の「AV」であるといわれると,その人か,と気づくかもしれない.Dinic, Karzanov, Pevznerらの指導教員でもあったそうだ.ご冥福をお祈りします.

グラフとネットワーク

明日から『グラフとネットワーク』という講義が始まるので,いろいろと思うことを書いておく.まず,このような授業をやることを依頼されて,それでシラバスとか考えて,立ち上がったわけだけども,この講義の名前が『グラフ理論』になりそうだったが,それ…

電通大の雪

2月14日の夕方撮影.西門から西4号館を臨む取り壊し中の体育館生協から東4号館を臨む正門から本館を臨む

ETH Zurich Big Band Japan Tour

http://www.ethbigband.ch/ETH Zurich Big Bandがジャパンツアーを今月行うそうです,って今知りました. 東工大のは宣伝でてますね.他の大学もでてるかもしれませんが,詳しく調べてないので,のせません.

白と黒のとびら

白と黒のとびら: オートマトンと形式言語をめぐる冒険作者: 川添愛出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 2013/04/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (16件) を見る読んでいて,これほど「やられた」と思った本は今までなかったかもしれない.オート…

数学セミナー2013年12月号

数学セミナー 2013年 12月号 [雑誌] : P≠NP予想最前線出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2013/11/12メディア: 雑誌この商品を含むブログ (2件) を見る出版社在庫はもうないそうです.ありがたい話です. なので,書店に並んでいるものがすべてなので,まだ…

ISAAC 2013

シングルルームに泊まります.

ISAAC 2013

ルームシェアをする人を募集します.よろしくお願いします.

Dagstuhl Seminar "Algorithm Engineering"

今週はDagstuhlに来ています.テーマは「アルゴリズム工学」で,私がなぜ招待されたのか若干不明確ですが,とにかく楽しいです.普段は理論系のセミナーでここにくるので,このような実践系のものは若干雰囲気が違いますが,参加者の持っている意識の方向が…

重心合わせパズル

http://dopal.cs.uec.ac.jp/okamotoy/demo/barycenter_j.html普段プログラムなんてほとんど書かないのですが,思い立って作りました.お楽しみください.

期末試験

無慈悲な採点が終わった. 「離散数学」は上と下の差が大きく,秀 (90点以上) が約28%,優が約15%,良が約6%,可が約13%,(未受験含めて) 不合格が約38%.母集団を試験を受けた人だけに限ると,秀が約36%,優が約18%,良が約8%,可が約16%,不可が約22%. 一…

Javaで学ぶコンピュータ数学

Javaで学ぶコンピュータ数学作者: 平田敦出版社/メーカー: カットシステム発売日: 2013/07/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る生協で立ち読みしようと思って,パラッとめくったページに根本的な誤りがあって,その瞬間に読むの止めた.そ…

講義終了

前学期の講義がすべて終了しました.あとは期末試験だけです.

Strongly polynomial algorithm for generalized flows

László A. Végh http://arxiv.org/abs/1307.6809とうとう一般化フローに対する強多項式時間アルゴリズム.何の前振りもなく現れたのでひさびさに驚いた.論文自体を読む気はあまり起きないけど.

とうとうやってしまった.

いつかやってしまうかとおもったけど,とうとう,調布から間違えて橋本行きの電車にのってしまった.